2019 1.5 SAT / DUAL

Date

2019 1.5 SAT

Open

22:00

Door

¥2000

Genre

D&B

Category
Past
MAKOTO is Baaack!!!
 
2019年1発目のDUALは、ドラムンベースの本場UKから一時帰国したMAKOTOを迎えるスペシャルナイトが福井で実現。世界各国の現場を知り尽くした「MAKOTO基準」のDJは必聴・必見!
 
ゲストLIVEには、MAKOTOのアルバムにも参加するなど以前から交流が深い、ニュージャズバンドBLU-SWINGのYusuke Nakamuraが地元凱旋ライブを披露!
 
さらにスペシャルサポーターとして、Gilles Peterson&松浦俊夫を石川に招聘し、全国に大きな反響を呼んだパーティー「Chameleon」主宰のmeraがDUAL初登場!
 
2019年1発目を飾るに相応しい豪華ラインナップでお届けする今回のDUALお見逃しなく!
Guest

MAKOTO (Hospital Records / Human Elements)

Drum&Bassのミュージカル・サイドを代表するレーベルLTJ BukemのGood Looking Recordsの専属アーティストとして98年にデビュー以来、ソウル、ジャズ感覚溢れる感動的な楽曲を次々に生み出し、これまでに、2枚のアーティストアルバム『Human Elements』(2003年)、『Believe In My Soul』(2007年)、その他 DJ MarkyのInnerground, FabioのCreative Source, DJ ZincのBingo, London ElektricityのHospital ,CIA, Liquid VなどのUK主要Drum&Bassレーベルより、12インチシングル、EP、リミックス、コンピレーションへの参加などで数々の楽曲を発表している。DJとしては、2枚のミックスCD 『Progeression Sessions 9 – Live in Japan 2003』, 『DJ Marky & Friends Presents Makoto』をこれまでに発表し、世界30カ国、100都市以上を周り、数千、数万のクラウドを歓喜させ、その実⼒を余すところなく証明し続けてきた、まさに日本を代表し世界的にもDrum&BassのトップDJ/Producerである。Jazzanovaとの活動でしられるPaul Randolphを迎えた”Tower Of Love” 、これまでの作品を集めたコンピレーションアルバム”This Is How I Do”  を2011年3月に発表、その後 東日本大震災のチャリティーコンピレーション”Something We Can Do”を自身のデジタルレーベルHE:Digitalより発表し、いち早く復興支援を表明。待望のNewアルバム”Souled Out”を2011年10月に発表後、2012年2月にMotion Blue 横浜で行われた8人編成のフルバンドでのライブを収録した”Live @ Motion Blue Yokohama”を2012年9月に、そして2013年6月にはSouled Out 3部作の完結となる”Souled Out Remixed”をリリースした。その後、2014年にはDJ KawasakiとのコラボレーショントラックWhere Would We Be ft. Paul Randolph & Makotoのリリースや共同リミックスワークも活発化している。そして2015年7月、UKのベテランアーティストAsidesとのコラボレーションアルバム”Aquarian Dreams”をEastern Elementsよりリリース。 そして2017年には名門 Hospital Records の21周年コンピレーションアルバムに “Speed Of Life”, “Eldervine (with Blu Mar Ten)” の2曲で参加し、さらに自身4枚目となるソロアルバムは同Hospital Recordsよりリリースされると発表され大きな話題を集めている。
 

 

 

 

YUSUKE NAKAMURA (BLU-SWING / Last Electro)

中村祐介は、日本の作曲家、音楽プロデューサーである。
2008年、BLU-SWINGのメンバーとして日本コロムビアよりメジャーデビュー。
スクウェア・エニックス“メビウス・ファイナルファンタジー”、資生堂コーポレートビジュアル音楽、GINZA SIX 銀座大食堂CM、チョーヤ梅酒CM、KDDI au design project等、様々なメデイアで音楽を担当。
リミキサー、アレンジャーとして忌野清志郎、TLC、Earth, Wind & Fire、倖田來未、GACKT、東京女子流の作品に参加するなど、ジャンルを超越して多彩な作品を発表している。
2012年からはロンドン・ロイヤル・オペラ・ハウスのコンサートマスター、ヴァイオリニスト“ヴァスコ ヴァッシレフ”のサポートキーボードを務めるなど演奏家としても活動。これまでに東京ジャズフェスティバル等、国内外問わず多くの音楽祭に出演。
ソロ活動としては、鍵盤演奏にフィンガードラミングをミックスした独自のソロパフォーマンスを行う一方、前衛的でありながらジャズ、ソウル、エレクトロニクスを綿密に融合した作風で、2014年に1stアルバム”ONN”を、2016年に2ndアルバム”SN”をIRMArecords(イタリア)よりリリース。

 

 

DJ

mera (Chameleon from Ishikawa)

YOU-HEY
KOIZMIX
FUNKLUV
GOSHIP

 

MC

GOSHIP